25/12/2018 14:57 GMT+7 Email Print Like 0

ティム・レボーさんのラッキーハウス

25年間前、スイス人の21歳であったアリン・レボーさんは画家になる夢を捨て、世界を発見するために出発した。アリン・レボーさんは遠い国で新たなことを発見するだけのつもりで、ベトナムを訪問したが、その旅は「ラッキーハウス」と題された旅程ベトナムと30年間の近くでアリン・レボーさんを繋がらせた。
ベトナムにおいて、この30年間で、アリン・レボーさんはティム(ホアン・ヌー・ゴック・ティム)さんという親切な名前で呼ばれる。アリン・レボーさんは自分の名前がすばらしいストーリとすばらしい記念とつながる。当日、アリン・レボーさんはトゥ・ドゥックにおけるアルツハイマー病院を訪問し、アルツハイマー病になったばかりで、生まれつきの心臓病がある子供のタインさんと偶然に会った。周りの人々によると、タインさんは長く生きるのはできないという。アリン・レボーさんはとても感動し、タインさんを心臓病専門病院に連れて行き、3か月で一人でタインさんに世話をした。


「ラッキーハウス」に住んでいる子供たちはティムさんがお母さんであることをみなしている。
撮影:資料



30年間近くベトナムにいるホアン・ヌー・ゴック・ティムさんはベトナムにおける
ラッキーではない多くの人々を援助した。



「ラッキーハウス」で教えているホアン・ヌー・ゴック・ティムさん
撮影:資料



孤独の老人たちを援助するホアン・ヌー・ゴック・ティムさん
撮影:資料



不自由な人々に雇用を創出し、収入を改善させるティムさん
撮影:トン・ハイ



「ラッキーハウス」で、不自由な人々は芸術が自由に想像できる。
撮影:資料



ティムさんは不運な人々の精神的な面で寄りかかる人になるティムさん

「ラッキーハウス」で、不自由な人々が安心に仕事をするため、その子供さんを教える幼稚園がある。


「ラッキーハウス」で、不運な学生たちと記念写真を撮影するティムさん
 
子供たちの治療を援助した後、ティムさんは絵を販売したお金で孤児が滞在するため、ホーチミン市ビン・タン区ビン・フン・ホア町にあるハウスを借りた。その時から、「ラッキーハウス」が設立された。

ホーチミン市における「ラッキーハウス」において、ティムさんはすべての不自由な子供、孤児を受け、雇用を創出した。1995年、20歳だけのティムさんは「ラッキーハウス」における不自由な子供、孤児を大きな規模で教育のプログラムを行った。その子供たちはここに住んだり、勉強したりできる。他は、不自由な人々にリハビリをするプログラムも行われた。

その数年間後、ティムさんは「ラッキーハウス」の人々に職業訓練の規模を拡大する。その人々はコンピューター、ファッション、デザインについて勉強する。自分の巧拙で、不自由な人々は収入があまり多くないが、地震を持ち、精神的な面で奨励される。

ティムさんのプロジェクトは引き続き発展している。最初の「ラッキーハウス」からティムさんとその同僚たちは大きな規模のセンターを設立した。2011年まで、「ラッキー村」と呼ばれるセンターも生まれた。その村はベトナム人の不自由な人々に適当で、普通より安い家賃がある部屋を集中する。「ラッキー村」におけるビルは大雨の中でも移動できる設計がある。不自由な人々を見守るプールがあり、国家の標準に達する小学校、「ラッキー村」のメンバーで管理されるレストランもある。

「ラッキーハウス」で紹介される不自由な人々が作った製品:










ベトナム人の不自由な人々の大きな貢献で、アリン・レボーさんはベトナム語の名前であるホアン・ヌー・ゴック・ティムと呼ばれる。

ベトナムのダック・ノン省は「ラッキー村」を設立するため、面積が2万7千平方メートルであるドライ・サップ‐ザロン滝の文化生態観光地の前の土地をティムさんに委任した。このプロジェクトが活動すると、2018年末、250人、その中、脳性麻痺である30人の子供、車椅子に乗った人と不自由な人々である。 

文:トン・ハイ
撮影:トン・ハイと資料
他の記事