09/05/2021 22:24 GMT+7 Email Print Like 0

チン首相 西南部の6省と会議 新型コロナ予防対策強化を指導

9日午前、南部メコンデルタを訪問中のファム・ミン・チン首相は、カンボジアと国境を接している西南部の6つの省の指導部との緊急会議をオンライン形式で行い、新型コロナ予防対策について話し合いました。 チン首相 西南部の6省と会議 新型コロナ予防対策強化を指導 - ảnh 1会議で発表しているチン首相 会議で、チン首相は、新型コロナウイルス感染症が全国各地に広がっている原因は、入国者への管理や新型コロナ予防対策を怠った地方と部門もあることにあると指摘した上で、8つの主要な任務を出しました。これによりますと、全国各地と部門は、絶対に怠らず、感染ルートの追跡や広範なウイルス検査の展開、徹底的な隔離措置の実施、感染者の治療の徹底など新型コロナ予防対策を一段と強化しなければなりません。また、関連当局は不法入国を始め、入国管理を強化するとともに、居住地の住民の管理も進めなければなりません。そして、保健省は、3万人の感染者が出るシナリオとその対応策を作成するとともに、海外からのワクチン調達と、国内でのワクチン研究生産をさらに促進させなければならないとしています。 5月23日に予定されている国会選挙と各レベルの人民評議会選挙について、チン首相は全国各地に対し、これらの選挙を安全に行うために全力を尽くすよう求め、疫病の拡大で選挙を行うことができない地方の指導者を厳格に処すると明らかにしました。 ソース:VOV