21/08/2021 06:32 GMT+7 Email Print Like 0

チン首相 ホーチミン市の新型コロナ対応にあらゆるリソースの活用を求める

(VOVWORLD) -  19日夜、ファム・ミン・チン首相は政府とホーチミン市、ビンズオン省、ドンナイ省、ロンアン省の行政当局とのオンライン会議を主宰し、新型コロナ対策について協議しました。

席上、政府とホーチミン市の指導者らは規制が厳しい首相指示16号に沿った社会的隔離措置を徹底的に実施し、より厳格な措置をとり、感染源を絶つとともに、死亡者を最小限に抑えることで一致しました。会議でチン首相 は次のように語りました。

(テープ)

「死亡者の抑制を最優先課題に位置付けるべきです。市の指導部、保健省、軍隊、公安は連携し、医薬品や酸素発生器の供給、診療所の設立を加速しなければなりません。」

このように語ったチン首相はまた、「新型コロナが人から人へ感染することから、市民は自宅待機し、世帯と世帯、村と村、郡と郡、県と県、省と省の間の隔離を確保しなければならない。また、市民に必需品を十分に提供する必要がある」と強調し、次のように話しました。

(テープ)

「厳格な封鎖措置の適用に際し、食糧品の供給や医療的ケアをしなければなりません。郡レベルの診療所を増設する必要があります。軍隊、公安のトラックは集配場所に必需品を輸送すべきです。」

さらに、チン首相は保健省のガイダンスに従って、適切な形で検査を加速し、感染者をコミュニティから隔離させるよう求めました。