24/04/2021 22:56 GMT+7 Email Print Like 0

チン首相 ブルネイ国王と会見

インドネシアの首都ジャカルタで開催中のASEAN東南アジア諸国連合の指導者会合を機に、24日午前、ベトナムのファム・ミン・チン首相はASEANの議長国を務めているブルネイのハサナル・ボルキア国王と会見しました。 会見で、ハサナル・ボルキア国王は、ファム・ミン・チン氏がベトナムの首相に選出されたことにお祝いの言葉を述べ、新型コロナとの闘いや経済社会発展事業におけるベトナムの大きな成果を歓迎しました。また、2020年のASEAN議長国を務めたベトナムはASEAN共同体の発展に大きく貢献していると高く評価しました。 一方、チン首相は、ブルネイが新型コロナを抑制していることを歓迎し、ベトナムは2021年のASEAN議長国ブルネイの役割を支持し、ブルネイとの協力関係を重視していると強調しました。 会見で、双方は、高級訪問団の交換や、第2回外相会合の早期開催、全面的なパートナーシップの展開を目指す行動計画の作成、エネルギー・農業・教育などの分野における両国の協力の効果向上などについて合意を達成しました。また、両国の貿易総額を5億米ドルにすることや、両国の企業に相手国への進出を奨励すること、海産物の養殖と加工を始め、海洋経済の協力を拡大することなどで一致しました。 ハサナル・ボルキア国王はブルネイ訪問にファム・ミン・チン首相を招待しました。チン首相はこの招待を受け入れるとともに、ベトナムへの再度訪問にハサナル・ボルキア国王を招待しました。 ソース:VOV