25/07/2021 09:12 GMT+7 Email Print Like 0

チン首相:「ホーチミン市が疫病を抑制するように有利な条件を作り出していく」

(VOVWORLD) - 23日夜、ファム・ミン・チン首相の主宰のもと、新型コロナウイルス感染症の状況とその予防対策の強化策などを討議する政府と南部の21地方の指導部とのオンライン会議が行われました。

会議で発言に立ったチン首相によりますと、ホーチミン市をはじめ疫病が流行っている各地方の当面の優先課題は新型コロナとの闘いですが、安全性を確保できる地方は生産を維持する必要があります。また、今後も、政府は、ホーチミン市が疫病を抑制し、生産・経営活動を再開し、安定した生活を取り戻すように有利な条件を作り出していくとしています。
チン首相は各地方、機関に対し、疫病予防対策に関する規定を厳守するとともに、その実施状況を監視し、ワクチン戦略を効果的に進めていくよう要請しています。また、感染ルートの追跡や、スクリーニング検査も重要な措置と強調しました。チン首相は次のように語りました。

(テープ)

「重要なことは、感染者を早期に発見・分類することです。特に、感染者の分類はその隔離・治療作業の効果向上に役立ちます。設備に関し、人口呼吸器と医療用酸素は欠かせないものです。これらを優先対象として十分に用意する必要があります。」

さらに、チン首相は、政府の特別作業部会や、各地方の医療当局者、各省庁などに対し、情報と経験交換を頻繁に行うよう指示しました。チン首相は次のように語りました。

(テープ)

「市民を支援するセンターや、企業を補助するセンター、重体の患者を支援するセンターを設立しなければなりません。ホーチミン市はその措置を効果的に展開しています。また、市民への支援に関わるホットラインを設立することも重要です。特に、労働傷病軍人社会事業省は社会保障の確保に力を入れていく必要があります。」