24/11/2021 07:51 GMT+7 Email Print Like 0

チン首相、日本の大手企業の代表と会見

(VOVWORLD) - 席上、日本側はベトナムの投資経営環境を高く評価し、「ベトナムは重要な市場である」と確認するとともに、ベトナムで長期的に活動したい意向を表明しました。

現地時間の23日午後、日本を訪問中のファム・ミン・チン首相はエネオスや、イオン、ファーストリテイリング、丸紅、三井、双日など日本の大手企業の指導者らと会合を行いました。
席上、日本側はベトナムの投資経営環境を高く評価し、「ベトナムは重要な市場である」と確認するとともに、ベトナムで長期的に活動したい意向を表明しました。
一方、チン首相は日本企業に対し、ベトナムの人材育成事業とその質的向上を支援すると同時に、管理に関する経験を分かち、ベトナムで生産される製品を世界の大市場に輸出する戦略を立案するよう訴えました。チン首相は、「ベトナム政府は今後も、日本企業に便宜を図っていく」と確約しました。