27/06/2021 13:12 GMT+7 Email Print Like 0

チン首相、ホーチミン市の新型コロナ予防対策の実施状況を視察

(VOVWORLD) -26日午前、フアム・ミン・チン首相率いる政府作業グループはホーチミン市での新型コロナウイルス感染症予防対策の実施状況を視察しました。

ホーチミン市国家大学の寄宿舎における集中隔離施設を視察した際、チン首相はホーチミン市の指導者に対し、隔離施設に収容されている人々の物心両面の生活に配慮するよう留意しました。

チン首相はトゥドゥク市リンチュン1号輸出用加工区にあるニッセイ・エレクトロニクス・ベトナム社の新型コロナ対応策を検査すると共に、ベトナムで、新型コロナウイルスワクチンを製造している企業4社の一つであるホーチミン市のバイオ医薬品会社「Nanogen製薬バイオテクノロジー」の代表と会合を行いました。

同日午後、チン首相はホーチミン市の指導者と会合を行い、同市での新型コロナ予防対策について意見交換をしました。ホーチミン市の疾病管理センターによりますと、6月26日午前6時現在、ホーチミン市で確認された新型コロナウイルスの感染者数は2714人にのぼり、その中の2463人が市中感染者です。現在、ホーチミン市はワクチン予防接種を精力的に進めています。