16/11/2021 15:46 GMT+7 Email Print Like 0

チン首相、カオバン省での民族大団結祭りに参加

11月18日のベトナム祖国戦線の伝統の日91周年記念日を控え、15日、ファム・ミン・チン首相は、北部カオバン省ハークアン県チュオンハー村のパクボ特別国家遺跡地区で開催された民族大団結祭りに参加しました。 チン首相、カオバン省での民族大団結祭りに参加 - ảnh 1チン首相 イベントで発言に立ったチン首相は、「この19年間にわたって開催されてきた民族大団結祭りは、殆どの居住地の良き伝統となった。今後も、現地住民たちは、伝統的文化、団結精神を発揮して、豊かで文明的な居住地づくりに励んでゆくよう」と希望しました。 「団結は、戦略的な意義を持つ問題であり、ベトナム革命の勝利を定める基本的な要素の一つです。さらに、団結は、かつての民族解放闘争と今日の祖国建設防衛事業におけるベトナム民族の貴重な伝統であり、歴史的教訓の存在です。35年間のドイモイ刷新事業においてベトナムが複数の歴史的な成果を収めてきました。このことは、民族の歴史的伝統、よき文化の伝統、民族大団結の力に頼ったものです。団結と全ての同胞の力がなければ、我々は今日のような成果を収めることはできませんでした。」 なお、この機に、チン首相とベトナム祖国戦線中央委員会の指導者らは、現地に住む貧しい家庭にプレゼントをしました。 ソース:VOV