27/01/2019 08:55 GMT+7 Email Print Like 0

チョン書記長、鯉放ち

26日、ハノイの中心地にあるホアンキェム湖で、グエン・フ・チョン党書記長・国家主席夫妻や、伝統的お正月テトを母国で迎えるために一時帰国した国外在留ベトナム人の代表は鯉放ち儀式を行いました。  

鯉放ちは、ベトナム人がテトを迎えるときに行うものであり、台所の神様を天に送り、国の発展、国民の平安・幸福などを祈願するためのものでもあります。

儀式後、チョン氏は、国外在留ベトナム人と懇親し、「皆さんは互いに団結して、あらゆる困難を乗り越え、所在国や、母国の発展事業に貢献していくよう」訴えました。また、国外在留ベトナム人全員に、お祝いの言葉を述べました。

これに先立ち、国外在留ベトナム人代表団はリ・タイ・ト王の像や、ゴクソン神社に参拝し、線香を手向けました。
ソース:VOV