10/09/2021 22:00 GMT+7 Email Print Like 0

チョン書記長、政治腐敗などと戦う必要がある

10日、共産党本部で、共産党政治局は汚職防止対策中央指導委員会の役割、任務、権限の改正・補充草案に意見を寄せるための会議を行いました。 チョン書記長、政治腐敗などと戦う必要がある - ảnh 1会議の様子(写真:TTXVN) 会議で、汚職防止対策中央指導委員会委員長を務めているグエン・フー・チョン党書記長は「経済分野における汚職防止対策を行うだけでなく、政治的思想、道徳、ライフスタイルなどの面における腐敗と戦う必要がある。ですから、政治的思想、道徳、ライフスタイルなどの面における腐敗は汚職行為に導く要因である」と強調しました。 また、チョン書記長は「近年、政治的思想、道徳、ライフスタイルなどの面における腐敗との戦いは断固として実施され、一定の成果を収めてきたが、今後も、引き続き強化される必要がある」と明らかにすると共に「汚職防止対策中央指導委員会の役割、任務、権限の改正・補充草案を改正・補充することは非常に重要なもので、第13回党大会決議の実施に寄与する」と強調しました。また、「政治局は汚職防止対策中央指導委員会の名称を"汚職、腐敗防止対策指導中央委員会”に改名することで一致した」と述べました。 ソース:VOV