28/12/2017 11:35 GMT+7 Email Print Like 0

チョン書記長、人民軍の軍事行政会議に出席

チョン共産党書記長は「2018年は第12回党大会の決議、第10回軍隊の共産党委員会の決議の実施に重要な意義を持つ年であることから、全軍が設定された目標を遂行するためさらに取り組む必要がある」と強調しました。

26日、ハノイで、中央軍事委員会と国防省の共催により、人民軍の軍事行政会議が行われ、2017年の軍事、国防任務の実施状況を総括し、2018年の行動計画を定めました。

会議で、中央軍事委員会委員長を務めるグェン・フー・チョン共産党書記長は「2018年は第12回党大会の決議、第10回軍隊の共産党委員会の決議の実施に重要な意義を持つ年であることから、全軍が設定された目標を遂行するためさらに取り組む必要がある」と強調しました。

また、「軍隊は国民あげての国防作りに中核的な役割を担うと共に、国の国防能力の向上に努力する必要がある」と明らかにしました。

チョン書記長は人民軍に対し、ベトナム共産党の独立、自主の外交路線を貫徹した上で、国防外交活動の効果を向上させ、国の独立、主権・領土保全の確保に貢献するよう要求しました。
ソース:VOV