16/12/2017 11:26 GMT+7 Email Print Like 0

チョン書記長、中央軍事党委員会会議を主宰

この会議は2017年の活動を総括し、2018年の任務・方向を討議するためのものです。 15日、ハノイで、中央軍事党委員会は2017年の活動を総括し、2018年の任務・方向を討議する会議を行いました。グエン・フ・チョン党書記長は会議を主宰しました。 席上、チョン書記は、第12回党大会と第10回軍隊党委員会大会の決議の実施にとって重要な意義を持つ2018年の主な任務を取り上げ、その中で、あらゆる状況の変動の把握や、他の各機関との連携の強化、党と政府への国防政策のコンサルティング、軍隊の訓練活動の強化、国防産業の発展、国防分野での対外活動の強化などを強調しました。 また、チョン書記長は、中央軍事党委員会に対し、党建設事業や、思想分野での活動などに力を入れていくよう要請しました。 さらに、「中央軍事党委員会は軍事・国防・軍隊建設などに関する任務を全うするために団結を強化していく必要がある」と訴えました。なお、この会議は16日まで開催されます。 ソース:VOV