28/09/2018 10:18 GMT+7 Email Print Like 0

チョン書記長、中国やキューバの要人と会見

27日午後、ベトナム共産党本部で、グエン・フー・チョン党書記長、ベトナムを訪問中の中国共産党の趙楽際(ちょう・ らく・さい)政治局員や、キューバ共産党のロベルト・トマス・モラレス・オヘダ政治局員と会見しました。
趙楽際氏との会見で、チョン書記長は、「双方は協力を実質的に進め、相手国の正当な利益を尊重し、海上問題を解決し、両国国民間の友好を強化していく必要がある」と訴えました。また、「両国の共産党が経験交換を促進していくよう」提案しました。
一方、趙氏は、両国の指導部が両国の各省庁、機関、部門、地方に対し両国間の相互信頼の強化や、交流、協力の深化に力を入れていくよう指導していくことへの希望を表明しました。
同日、チョン書記長は、チャン・ダイ・クアン国家主席の国葬に参列するためにベトナムを訪問中のキューバ共産党のロベルト・トマス・モラレス・オヘダ政治局員と会見しました。
席上、チョン書記長は、「ベトナムの党や、国家、政府、国会、国民はキューバとの特別な関係を強化していくために尽力していく」と明らかにしました。
一方、オヘダ政治局員はクアン国家主席の功績を讃えるとともに、「クアン国家主席はキューバの親友であり、両国関係の強化に多大な貢献をした人物である」と再確認しました。
ソース:VOV