08/07/2021 10:56 GMT+7 Email Print Like 0

チョン党書記長 中国共産党と世界政党指導者サミットに出席

(VOVWORLD) -  6日夜、党中央委員会本部でグエン・フ・チョン党書記長率いるベトナム共産党代表団はオンライン形式で行われた中国共産党・世界政党指導者サミットに出席しました。

「人民の幸福を図る:政党の責任」をテーマにしたこの会議には中国共産党の提唱により行われ、160か国の500あまりの政党と政治組織の代表が参加しました。

会議の冒頭で、習近平党総書記・国家主席は演説し、「多国間主義を名乗りながら実際には単独主義の各種行為には共に反対すべきだ」と呼びかけ、発展途上国との協力促進も訴えました。習氏は国際社会での途上国の発言力向上に努めるとも表明し、技術の囲い込みに反発し、「他国民の生活を損なう政治的なもてあそびは徒労に終わる」と強調しました。

一方、チョン党書記長は講演を行い、「各国政党は政府と力を合わせ、人民に幸福をもたらすとともに、あらゆる政策・綱領の作成と実施に際し、人民の根源的な権利を目指す必要があるとの見解を述べました。また、対話、団結の推進、それぞれの正当な利益の尊重、対立の解決における国際法の順守を徹底する必要があるとしています。さらに、現在、各国と政党の差し迫った問題は新型コロナの制圧、経済社会回復・発展、社会保障の確保であると強調しました。チョン党書記長は次のように語りました。

(テープ)

「この90年間、ベトナム共産党は人民と緊密な関係を結び、人民の支持を受け、ベトナム国民を指導し、多くの困難と試練を乗り越えてきました。また、ベトナム共産党は1945年の8月革命を行い、勝利を収めました。その後、フランス植民地主義者とアメリカ帝国主義者との戦いを指導し、1975年に国家統一が図られました。それ以来、ベトナム共産党の指導の下、ベトナム国民は祖国建設防衛事業とドイモイ=刷新事業で様々な成果を収めてきました。」