20/10/2020 10:33 GMT+7 Email Print Like 0

チョン党書記長・国家主席  菅首相と会見

19日、ハノイで、ベトナムのグエン・フ・チョン党書記長・国家主席がベトナムを訪問中の菅義偉首相と会見しました。
チョン党書記長・国家主席  菅首相と会見 - ảnh 1
会見で、チョン氏は、「菅氏が就任後初の外遊先としてベトナムを選んだことは、ベトナムを特に重視する日本の姿勢である」と歓迎しました。また、ベトナムは引き続き、全方位外交政策を堅持し、世界各国との協力関係を深化させる方針で、その中で、日本は最も重要な戦略的相手国であり、最も信頼に足るパートナーでもあると強調しました。そして、チョン氏は、1982年国連海洋法条約をはじめとする国際法に従って紛争を平和的に解決するという立場を含めて、ベトナム東部海域(南シナ海)問題に関する日本の立場を歓迎しました。
一方、菅首相は、2020年から2021年期の国連安全保障理事会非常任理事国と2020年のASEAN議長国を務めるベトナムの責任感と活躍を歓迎し、「日本は引き続き、国際場裏でベトナムと連携し、中でも、ベトナム東部海域問題に関するベトナムとASEANの立場を支持する」と明らかにしました。また、ベトナムがドイモイ刷新事業と新型コロナとの闘いで収めた成果に印象を表明し、「日本は常に、地域におけるベトナムの地位を重視し、ベトナムの発展を支持している」と述べました。そして、菅首相はチョン氏にフック首相との会談の結果を通知し、両国のハイレベルによる相互訪問と接触を維持すること、新型コロナの影響で停止していた両国の協力活動を段階的に再開することへの希望を表明しました。
さらに、チョン氏と菅氏は、両国関係がベトナム共産党と自由民主党との協力覚書に基づいて益々発展し、両国の良好な政治的基盤を作り出すことへの確信を共有しました。
ソース:VOV