06/09/2019 11:11 GMT+7 Email Print Like 0

チャン・リー・リー(Tran Ly Ly)芸術家―ベトナムのコンテンポラリーダンスに対し、大きな貢献を果たす

この60年間、バレーとコンテンポラリーダンスに対し、大きな貢献を上げた、チャン・リー・リーさんは、ベトナム歌劇団の最初の女性の監督になり、Forbes雑誌により2019年のコミュニケーション - 創造分野におけるベトナムの最も影響を与えた50名の女性の一人として選ばれた。
チャン・リー・リーさんの母親はバレーダンサーであり、彼女は10歳の時から踊りを学んだ。彼女の踊りの才能は、子供の時からあった。彼女は踊りの動作に興味を持つ。 中学校の時、チャン・リー・リーさんは1992年と1994年の全国の踊り才能がある若者賞を授与された。踊りを学んだ8年後に、チャン・リー・リーさんは劇・映画大学の踊り学部の卒業生総代になった。しかし、19歳に、チャン・リー・リー女史はオーストラリアのクイーンズランドの踊り学部に留学した。
 


2019年のコンテンポラリーダンスプログラムの報告会でスピーチをするチャン・リー・リーコリオグラファー。
撮影:チャン・タイン・ザン


Forbes雑誌により2019年のコミュニケーション - 創造分野におけるベトナムの最も影響を与えた
50名の女性の一人として選ばれたチャン・リー・リー芸術家。撮影:Forbes雑誌の資料

オーストラリア、フランスに留学し、働いた7年間後の2003年に、外国でよい仕事を得る機会があったのに、彼女はコンテンポラリーダンス分野に貢献を果たすために、故郷へ帰ることを決めた。

ベトナムへ帰る3年間後に、チャン・リー・リーが医術は2006年に、深い感銘を与える「One day」踊りプログラムを紹介した。
プログラム「One day」の踊りは大成功し、チャン・リー・リーさんは芸術家としてのマークを表現する。「One day」は2006年に行われた在ベトナム欧州日イベントで演じられた。
チャン・リー・リー芸術家の演じた「Living in the box」 (2008年); 「Zen」và「7X」( 2012年); 「yes yes no no」 (2016年)などのプログラムは成功した。

2018年末に、チャン・リー・リーさんはホーチミン市のダンス学校の副校長を退職し、ベトナム歌劇団初の女性の監督になった。
今年2019年、ベトナム歌劇場設立60周年記念日に際して、チャン・リー・リーさんは、バレエ白鳥の湖、彫像オペラプログラム、世界のバレエ劇スタイルのいくつかのプログラムの演出計画を立てる。

 



ダンサーたちに、踊りの振り付けを教えるチャン・リー・リー芸術家。撮影:チャン・タイン・ザン

同僚たちと意見交換をするチャン・リー・リー芸術家。撮影:チャン・タイン・ザン


若いダンサーと経験を分かち合うチャン・リー・リー芸術家。撮影:チャン・タイン・ザン

外国での演舞のための予行練習をするチャン・リー・リー振付師と各ダンサー。撮影:チャン・タイン・ザン
 
文:タオ・ヴィー(Thao Vy)
写真:チャン・タイン・ザン(Tran ThanhGiang)、資料
他の記事