04/02/2015 10:53 GMT+7 Email Print Like 0

チャム(Cham)族の生姜パン

生姜パンは、幸福な生活を祈願するために、祖先を、奉るために使われる、ニントゥアン省のチャム族の、欠かせない食べ物である。
生姜パンは、餅米、砂糖、卵、酵母で作られる。これらを混ぜ合わせる。チャム族の女の人は生姜の形のように、この材料を彫刻する。生姜の形に成型した後、女の人は5分間油で揚げる。生姜のケーキは、狐色で美味しい。 

煉られた餅米の粉。

もち米の粉、卵、酵母を混ぜ合わせる
生姜パンを作るチャム族の女の人。

生姜の形にする。


生姜もちは、チャム族の飲食文化の特徴を表わす。

生姜のパンは、油で揚げた後、砂糖水に漬ける。チャム族の風習で、結婚式、カーテー(Kate)正月など、チャム族の重要な行事や、大きな祭りに使われる。生姜パンは、とても美味しい。 
«
       ラム・タン・ビン氏-ニン・トゥアン省のチャム族の文化センターの指導者によると、生姜のパンは、「不満のケーキ」として呼ばれる。このケーキはニントゥアン省の「夫を待つ石」の昔話と関連する。「夫を待つ石」伝説によると、ナイ・チュラオ・チョ・フォーという女の人は生姜のパンを作り、石の上で、生姜のパンを食べながら、夫を待つ。その後、彼女は、石になった。
»

 
文、写真:クイン・アイン