30/03/2021 10:34 GMT+7 Email Print Like 0

タン・ラップフローティングビレッジ

ロン・アン省モック・ホア郡のタン・ラップ(Tan Lap)フローティングビレッジエコツーリズムは水に浸かったメラルーカの森に囲まれ、ベトナム西部地方のメコンではお馴染みの水路が絡み合ったオアシスのようで、川の生活と詩的な自然を体験したい旅行客にとっては最適な目的地です。
私たちは目が覚めてから、タンラップフローティングビレッジにある8階建てのホテルの展望台に行き、森と川のパノラマを眺めると、とても心地よく新鮮な気分になりました。ホテルからはメラルーカの木の上にとまるコウノトリの群れが食べ物を探すのを眺め易くなっています。
それからメラルーカの森を抜ける道を歩き、塔に登ってバードウォッチングや観光地の全景を眺めたり、鳥を飼育している島やボートを漕いで浮かぶ村を訪れました。また、フォークゲームへの参加、水中ケーブルボート、自分でボートを漕いで蓮の湖、銃の湖を巡るなど、様々なアクティビティを体験しました。


タン・ラップフローティングビレッジで、川の生活と手付かずの自然を体験する観光客。


メラルーカの森を抜ける道路は幅1m、全長約5kmでメラルーカの森の奥まで続き、
歩いてマングローブ林を探索する観光客。写真:ベトナム通信社



木造の橋を渡り、タン・ラップフローティングビレッジを探索する観光客。写真:グエン・ルアン(Nguyen Luan)


蓮の池を自分で漕いで探索するボートサービス。写真:グエン・ルアン(Nguyen Luan)






ここに生息する多くの珍しい鳥を見る機会があるタン・ラップフローティングビレッジ。
写真:グエン・ルアン(Nguyen Luan) 



ロン・アン省モク・ホア郡のタン・ラップフローティングビレッジエコツーリズムエリアには、135ヘクタールのエリアと500ヘクタールの保護区があり、ロンアン省とドンタップムオイ地域全体が優れたエコツーリズムエリアになるように計画されている。
それらの中で、特に小さな編みプレートで組み立てられた幅1m、長さ約5kmの道は途中で何本にも枝分かれして森を巡ります。ここは観光客にとても人気があるリゾート独特のハイライトです。旅行客はこの道を歩いてメラルーカの森を巡り、広大な緑の森の林冠の下で、枝にとまった鳥がさえずる声を聞くと、とても心地良い気分になります。
タンラップフローティングビレッジのもう一つのハイライトは、何千羽もの鳥やコウノトリがここに戻り、餌を探し、住むことができる「鳥飼育島」です。島は遠く離れ、深いので、モーターボートか三人乗りのボートを漕いで小さな水路を通り抜けて行かなければなりません。この地域には奇妙で美しい多くの種類の鳥やコウノトリの他、非常に珍しい種類の雑草イネが保存されています。

新しいリゾートで利用できるユニークな観光スポットは水中ケーブルボートで浮かぶ村の探索です。観光エリアのラックホーン川に沿って伸びる全長約3㎞の水中ケーブルラインによって牽引された無人のボートに乗り、ユリ畑とハスの沼地に静かに近寄ることができます。



夜は広大なカヤプテの森でのキャンプや美味しいベトナム南部の料理が溢れた屋外ビュッフェ・パーティーを楽しんだり、或いは夜釣りに行ったり、どれもタン・ラップフローティングビレッジでの思い出に残る体験となるでしょう。

文:ソン・ギア(Son Nghia)
写真:グエン・ルアン(Nguyen Luan)、ベトナム通信社