24/11/2020 09:32 GMT+7 Email Print Like 0

タンロン王城、世界文化遺産と認定10周年記念式典

(VOVWORLD) -式典で、線香を手向ける儀式や芸術公演が披露されました。

23日午前、ハノイにあるタンロン王城遺跡地区で、ハノイ市人民委員会、タンロン・ハノイ遺産保存センターは共同でタンロン王城がユネスコ国連教育科学文化機関により、世界文化遺産としての認定10周年を記念する式典を行いました。

式典で、線香を手向ける儀式や1010年にリー・コン・ウアン王が当時のベトナムの都を北部ニンビン省からタンロン(現在のハノイ)に遷都したことを再現する芸術公演が披露されました。

なお、タンロン王城はタンロン城跡の歴史に密接につながる遺跡群の一つです。この建築物は歴代の封建時代にわたり建てられており、ベトナムの遺跡として有名です。2010年、タンロン王城はユネスコにより、世界文化遺産として認定されました。