25/02/2018 15:47 GMT+7 Email Print Like 0

タンチャオ国立観光地区の発展に関するマスタープラン

タンチャオ地方は、観光を発展するための大きな潜在力があると評価されています。 24日、北部山岳地帯トゥエンクアン省ソンズオン県で、かつてのベトナムの革命根拠地であるタンチャオ遺跡地区を国立観光地区へ発展させるためのマスタープランを発表する式典と植樹祭2018をスターとさせる式典が行われました。 このプランによりますと、この遺跡地区は2025年までに、インフラが国家基準に沿って整備され、そして、2030年までに質の高い観光サービスと商品を提供する競争力の高い観光センターとなるということです。 式典で発言にたったベトナム共産党中央検査委員会のチャン・クオク・ブオン委員長は、タンチャオ遺跡地区を国立観光地区に発展させることの重要性を強調し、次のように語りました。 「トゥエンクアン省行政府は、このマスタープランの実施に関する計画を立案し、進捗度を確保する必要があります。また、そのプランの実施を、地元の文化価値の維持・発展、観光開発、質の高い観光商品づくりなどと結びつける必要があります。」 同日、ブオン委員長は、タンチャオ遺跡地区を訪れ、線香を手向けるとともに、記念植樹を行いました。 ソース:VOV