13/10/2017 17:00 GMT+7 Email Print Like 0

タインハー(Thanh Ha)陶器の村

クアンナム省、ホイアン市のタインハー陶器の村は、5世紀に渡り、手工芸方法で、陶器を作る。特別に、タインハー村の陶器製品は釉薬をぬらず釜で焼かれる。タインハー村の陶器は黄、赤、ピンク、黒などの多くの色がある。
タインハー陶器村はトゥーボン海岸にあり、タインハー地区に属し、ホイアン旧市街の西方へ3キロメートル離れる。歴史によると、16世紀のはじめ、タインホア省の人民たちはクアンナム省に移住し、陶器を生産する職業で、生計を立て、釜を建設し、中部の市場の要求にこたえるために、鍋、茶碗や皿、つぼなどの家庭用陶器を生産した。

タインハー陶器は17世紀~18世紀に栄え発展した。タインハー村の陶器は、クアンナム省の多くの地域、トゥアティエンフエ省で売られ、日本、中国、スペインにも輸出された。



タインハー村の陶器製品を作る主な原料はトゥーボン海岸で取れる粘土である。撮影:タット・ソン

轆轤で形成する過程。撮影:タット・ソン


成型された製品を天日で乾かす過程。撮影:コン・ダット


製品に装飾を入れる職人。撮影:コン・ダット

陶器を作るタインハー村の陶器職人。撮影:タット・ソン


タインハーの陶器は伝統的な釜で焼かれる。撮影:タット・ソン


5世紀に渡って、タインハー村の陶器は伝統による手作業で陶器を生産する。撮影:コン・ダット


ホイアン旧市街におけるタインハー陶器村は国内外の観光客に人気のある観光地である。撮影:タット・ソン

この数百年間に、タインハー陶器村の窯業は栄えた時期と困難に直面した時期がある。しかし、職人は陶器に対する愛情を常に持ち。今までタインハー村は手作業で、陶器を生産する。


特に、タインハー陶器製品は釉薬をかけずに焼かれる。違う温度で焼かれた製品は黄色、赤い色、ピンク、黒い色などの多くの色がある。

市場の要求にこたえるために、伝統製品のほかに、美術要素のある装飾製品を生産することを研究した。

現在、タインハー陶器村を訪問すると、観光客たちは記念品を買うことだけでなく、タインハー陶器村の職人の伝統的な技術を見学することができる。



陶器の玩具。撮影:コン・ダット


現在、タインハー村の陶器製品は飾り物として使用される。撮影:コン・ダット


観光客に人気の陶器の置物。撮影:コン・ダット


粘土の花瓶。撮影:コン・ダット


タインハー村の陶器で、作られるホイアン旧市街のカウ寺の置物。撮影:コン・ダット


タインハー村の陶器で作られた喫茶店の商表。撮影:タット・ソン


タインハー村の陶器で、飾られるホイアン旧市街の別荘。撮影:タット・ソン


 

タインハーレンガ公園は6000平方メートルの面積があり、タインハー村の職人たちにより、ニャーロン港、ホイアン旧市街、文廟、ホーチミン主席の廟、ローマ競技場、紫禁城、ピラミッドや自由の女神像などのベトナム、世界の有名な建造物の置物を制作した。

文、写真:タット・ソン、コン・ダット