06/04/2020 10:20 GMT+7 Email Print Like 0

タイビン省の宗教施設 新型コロナに対応

新型コロナウイルス感染が広がっていることを前に、北部タイビン省の宗教施設も感染予防対策を精力的に展開しています。
現在、タイビン省には寺院が約870ヵ所あります。各寺院はすべての活動を中止するとともに、仏教徒に予防対策の徹底を働きかけています。タイビン省仏教協会のティック・タイン・ホア会長は次のように語りました。

(テープ)

「タイビン省仏教協会は各寺院に対し、日常の宗教活動を停止するとともに、儀式や行事を行わないよう求めました。」

一方、タイビン省司教区も神父や信者に予防対策を指導しています。タイビン省司教区のフェロ・グエン・ヴァン・デ司教は次のように語りました。

(テープ)

「私たちは必要な予防対策を指導しています。これらの予防対策により、信者の宗教活動が影響を受けていますが、すべての活動が停止になっています。」

また、タイビン省司教区は現地の行政府と緊密に連携し、感染予防対策を徹底させる方針です。
ソース:VOV