16/11/2020 11:17 GMT+7 Email Print Like 0

ダム副首相、ホーチミン市と北西部8省の観光開発連携会議に臨む

14日午後、北部フート省で、「持続可能な開発の連携」をテーマにしたホーチミン市と北西部8省の観光開発連携に関する拡大会議が開催されました。
ダム副首相、ホーチミン市と北西部8省の観光開発連携会議に臨む - ảnh 1
この会議は、ホーチミン市とフート省の共催、及び、ディエンビエン、ハザン、ホアビン、ライチャウ、ラオカイ、ソンラ、イエンバイの北西部各省の人民委員会の協力で行われたものです。
会議には、ブ・ドゥック・ダム副首相や、各省庁、部門、各省、市、観光協会、企業の代表、合わせて300名が参加しました。
会議で発言に立ったダム副首相は、「観光連携」という構想を高く評価すると同時に、北西部各省がインフラ整備、観光サービスへの投資活動に有利な条件を作り出すと共に、各省との連携だけでなく、省内の各地方、部門との連携を注視するよう希望を表明しました。というのは、北西部各省での観光発展は、確実な貧困解消に大きく貢献するだけでなく、現地住民が世界の豊かな文化に接近する一方、ベトナムの各民族の伝統文化を国際友人にPRすることに役立つからであるとしています。
なお、会議で、ホーチミン市と北西部8省の指導者らは、2021年∼2025年期の観光発展協力連携合意書、観光発展協力連携活動計画、各地方の観光協会と航空社による合意書などに調印しました。
ソース:VOV