16/08/2019 15:19 GMT+7 Email Print Like 0

ダム・ティ・ラン修士とベトナムにおけるゴミ処理の発明

大学時代から、環境分野の研究を始めたダム・ティ・ラン修士(建設大学の教授、ハノイ工科エネルギーと環境株式会社の社長)はBD-Anpha都市型廃棄物の焼却炉を建設することでベトナムの廃棄物を解決する夢をかなえた。
廃棄物の処理問題についての卒業の主題
ハノイ工科大学冷熱技術短期大学の学生の時、農村で廃棄物汚染の現状を直接見て人民たちを援助する考えが起こった。

当時は、廃棄物を埋めるという簡単な方法はダム・ティ・ラン修士を説得させるに至らなかった。徹底した廃棄物の処理が目標で、廃棄物の焼却炉を作るアイディアについて考えた。しかし、そのアイディアは大学の卒業の課題だけであった。

2011年、大学後のエネルギーと環境の学部で研究する時、ダム・ティ・ラン修士はより具体的な方法で自分の考えを続け、1時間500kg廃棄物を処理する焼却炉を研究した。
ダム・ティ・ラン修士の主人ハノイ工科大学冷熱技術院のグエン・ヴァン・クエン修士も焼却炉の活動の原理についてのアイディアを出した。



ダム・ティ・ラン修士(建設大学の教授、ハノイ工科エネルギーと環境株式会社の社長)
撮影:コン・ダット



農村、山岳地方で使いやすいBD-Anpha都市廃棄物の焼却炉
撮影:コン・ダット


ハノイ工科エネルギーと環境株式会社ダム・ティ・ラン修士とその協力者
撮影:コン・ダット

 

ダム・ティ・ラン修士の夫によると、この設計図はダム・ティ・ラン修士との考えを取り込み完成し、稼働可能な都市型廃棄物の焼却炉になったという。

みんなはゴミを捨てるが、ダム・ティ・ラン修士はゴミを拾う。ダム・ティ・ラン修士も当時、ハノイ工科大学のすべてのゴミを購入し、都市廃棄物の焼却炉を実験する。3か月間、ゴミを燃やし続けた。


韓国イニシアチブ、創造促進協会と世界知的所有機関が行った33カ国と地域の603点が出品された2018年科学技術でダム・ティ・ラン修士のBD-Anpha都市廃棄物の焼却炉が国際の賞の金メダルを獲得した。
実験した後、都市型の廃棄物焼却炉は理論通りの計算で稼働した。焼却炉は設計通りに送風が調節できた。しかし、加熱に時間がかかり長く、3時間、4時間かかった。

この都市型の廃棄物の焼却炉は設計の90%の効果に達したが、ダム・ティ・ラン修士と夫は第2の焼却炉を実験した。

第2回目の実験の成功から、ダム・ティ・ラン修士は2012年Techmartで紹介した。ダム・ティ・ラン修士でさえ驚いたのは焼却炉がゴールドカップを獲得したことであった。

2013年、ベトナムのナムディン省ハイハウ県ハイミン村でダム・ティ・ラン修士は最初の都市型廃棄物の焼却炉を設置した。

BD-Anpha都市型廃棄物の焼却炉のメリットはサイズが小さく、設置が簡単で、時間が掛からないことである。

2013年、BD-Anpha都市型廃棄物はベトナム環境省、資源と環境省の賞状、創造のアイディアについてのハノイ市人民を授与された。


ベトナムで廃棄物の問題に対しての優れた製品

2013年、BD-Anpha都市廃棄物の焼却炉の成功に次ぎ、ダム・ティ・ラン修士は主にナイロンとCONI都市型廃棄物の焼却炉を生産した。

最初のモデルはビンズオン省の紙と包装工場で実験された。

今、BD-Anpha都市廃棄物の焼却炉はベトナムの全国の30省、各島で使われ、1時間で10tのゴミを焼却が可能である。

BD-Anpha都市型廃棄物の焼却炉はベトナム全国で使われるが、ダム・ティ・ラン修士とその協力者はベトナムの各地方の廃棄物の問題に適用するために、引き続き技術を改善させる。



2013年、ベトナム主席官邸で都市型廃棄物の焼却炉の技術について報告した。
撮影:資料


在スイスベトナム大使館を訪問するダム・ティ・ラン修士(左から2番目)
撮影:資料



スイスにあるWIPOの社長のオフィスを訪問するダム・ティ・ラン修士。
撮影:資料


企業と世界女性創造者協会の特別な賞を獲得したダム・ティ・ラン修士
撮影:資料
ベトナムのタインホア省ティンザ県で日/100tのゴミを処理するために、熱風を使い、都市の廃棄物と産業廃棄物の調合の過程を調整し、分類せずに、廃棄物を堆肥化処理する。
バックニン省のフォンケ村とフーラム村で産業廃棄物を処理するために、焼却炉が改善された。

ベトナムのハウザン省1日/200tの処理能力の焼却炉は処理中に発電もする。

他はh/15㎏、h/20kg、h/30㎏、h/50㎏のゴミを焼却する焼却炉はベトナムのニンビン省、ハーティン省、カオバン省、タイニン省で使われる。

ベトナム技術創造援助協会の評価によると、BD-Anpha都市型廃棄物の焼却炉は環境に優しく、新たなベトナム製の製品となった。

それはダム・ティ・ラン修士と夫との協力の成果である。ダム・ティ・ラン修士の夫はダム・ティ・ラン修士の廃棄物問題の解決方法を探す中で不可欠な人物である。

文:タオ・ヴィ
撮影:コン・ダット

他の記事