09/11/2017 10:04 GMT+7 Email Print Like 0

ダナン市でAPEC CEOサミット2017 開幕

8日午後、ベトナム中部ダナン市で、APEC CEOサミット2017が開幕しました。

今回のサミットにはアジア太平洋地域の企業2000社の代表が参加しました。開幕式典で演説に立ったベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席は、「アジア・太平洋地域は、多くの試練と困難に直面しているものの、平和・発展・協力の軌道に乗っている」と述べ、次のように語りました。


「私たちは、アジア・太平洋地域の各国の政府と企業に対し、貿易と投資の自由化にけん引役を果たし、世界経済の回復と結合に貢献するよう希望しております。また、2020年をめどにボゴール目標を達成させること、官民連携を強化してインフラ整備を進めること、地域のバリューチェーンと新時代の貿易システムを強化することなども重要です。そして、各企業は教育への投資を強化し、労働者が職場の要求に応えられるような人材育成に取り組む必要があると思います。」

このように語ったクアン国家主席はまた、APECは包括的な連結を進め、国連のミレニアム目標の実現にけん引役を果たす必要がると強調しました。そして、APEC加盟国の各企業に対し、社会の発展、食糧安全保障、水資源の保護などにも寄与するよう呼びかけました。
ソース:VOV