24/10/2019 10:36 GMT+7 Email Print Like 0

ダナン市で第3回スマートシティサミットが始まる

サミットではスマートシティの構築に関するビジョン、戦略、経験、第4次産業革命の新たな技術を基盤とするスマートシティの管理、開発企画などが取り上げられました。

23日、中部ダナン市で、第3回スマートシティ・サミットが開催されました。「デジタルソリューションでよりスマートで安全な都市づくり」をテーマとするこのサミットにはベトナムをはじめ、各国のスマートシティの指導者や科学者、情報技術企業の代表合わせて500人あまりが参加しました。

サミットではスマートシティの構築に関するビジョン、戦略、経験、第4次産業革命の新たな技術を基盤とするスマートシティの管理、開発企画などが取り上げられました。またサミットの枠内で、「スマートシティの構築・指導者のビジョン」と題する国内外の指導者による討論会が行われました。席上、ダナン市人民委員会のフイン・ドック・トゥ委員長は次のように語りました。

「スマートシティは管理、運営が様々なデータや情報技術により行なわれるもので、ダナン市の経済社会発展に弾みがつくでしょう。本日のサミットは我が都市の各機関、組織にとって、国内外の専門家やパートナーとスマートアプリケーションの導入を目指すやり方や政策を話し合うチャンスです。」

サミットに際して、教育、農業、交通、医療、観光などへのスマートシティの導入に関するIT製品やサービスを紹介する展示会が行なわれました。
ソース:VOV