09/07/2020 14:22 GMT+7 Email Print Like 0

ダクノン国立地質公園、世界ジオパークに認定される

(VOVWORLD) -7日、フランス・パリのUNESCO本部で、ベトナム高原地帯テイグエン地方の「ダクノン国立地質公園(ジオパーク)」が、ユネスコ国連教育科学文化機関の「世界ジオパーク」に認定されました。

ベトナムで世界ジオパークに認定されたのは東北部地方ハザン省の「ドンバンカルスト台地」とカオバン省の「ノンヌオック・カオバン国立地質公園」に次いで3ヶ所目となります。

ユネスコの世界ジオパークは、明確な地理的・行政的な境界が定められた地域の地層、岩石、地形、火山、断層など、地質学的な遺産を保護し、生物多様性・考古・歴史・文化・社会に関わる価値の研究に活用するとともに、自然と人間とのかかわりを理解する場所として整備し、科学教育や防災教育の場とするほか、新たな観光資源として地域の振興に生かすことを目的とした事業です。

ダクノンジオパークは、2015年に設立され、65ヶ所の地質学的な遺産があります。その中に、50の洞窟やクレーター、滝などが含まれています。同ジオパークは、熱帯林の生物多様性や、独特な文化、地質学、自然、そして先史時代の人類の痕跡があったとして良く知られています。