19/09/2018 10:37 GMT+7 Email Print Like 0

行政による境界領域の拡大執行10年間後のハノイ
ダイナミックで現代的な都市

行政により2008年8月に執行されたハノイ境界領域の拡大は、10年後の現在、首都ハノイは、多くの活溌な変化を見せた。ハノイは多くの成果をあげ、ベトナムの発展事業に貢献を果たした。

ダイナミックで現代的な都市
行政改革の執行後のハノイの総面積は334.470,26ヘクタール(旧ハノイの3,63倍)であり、ハノイの人口は、623万2940人(1,87倍)になった。
ハノイの経済と社会分野は大きな変化をみせた。2017年のシティ モメンタム インデックス(CMI)によると、ハノイは世界の10都市の最もダイナミックな都市の一つになった。ハノイは国際基準に達する現代的なインテリジェント都市になってきた。
現在、ハノイは中心となる1つの市街と5つのサテライトタウンがあり、ハノイの西方にはホアラック市街、北方のソックソン市街、南方のフースイエン市街、ハノイ中心から西南へ40kmのスアンマイ市街、西北へ50kmにあるソンタイ市街がある。
特に、2011年に、ハノイ区画整理提案書が批准され、ヴァンクアン区、ミーディン区、モーラオ区、ハノイ西側のアンカイン区、ヴィエットフン区、東側のVinhome Riverside新都市、リンダム区、南のガムダー都市区、北のCiputra都市区など多くの現代的な都市区、Royal City都市区、Time City都市区などが建設された。


タイ湖と近隣の地域。撮影:コン・ダット

 
欧州ロイヤルスタイルがあり、新旧の建築があるRoyal City新都市区。撮影:コン・ダット

 
ハノイの最も現代的な新都市区の一つであるVinhomes Riverside新都市区。撮影:資料


タイ湖とドンアイン郡をつなぐ、ニャットタン橋。撮影:コン・ダット


シンガポールスタイルの医療システム、教育システム、エンターテインメント・スポーツシステム、貿易センターを含む北部で最初の複合新都市区である。撮影:Vingroup 資料Vinhomes Time City Vinhomes新都市区 


ハノイ、ファンフン通り、57号線にある国会センター。撮影:コン・ダット

渋滞解消のため建設されたガートゥーソー陸橋

観光を開発

行政境界領域の拡大はハノイ観光開発に貢献を果たし、ハノイの観光ツアーは開発された。多くの観光客たちはハノイツアーに参加してきた。
ハノイは、世界の観光サービス分野で急速に発展した10都市の一つである。ハノイは北部の観光の中心地である。ハノイを訪問する観光客たちはホアンタインタンロン遺跡、バーディン広場、ホーチミン廟、ホーチミン博物館、文廟、タイ湖、ホアンキエム地区の旧市街など多くの場所を訪問できる

ホアンキエム湖、ルア塔、旧市街などのハノイの中心地域は外国人観光客に魅力がある。撮影:コン・ダット


ハノイの文化のシンボルであるテーフック橋。撮影:コン・ダット

ハノイのロンビエン橋。撮影:コン・ダット


ハノイオペラハウスがあるカックマンタンタム広場。撮影:コン・ダット


ハノイの美しさを見せるタインニエン通り。撮影:コン・ダット


文廟国子監はベトナムの最初の大学として知られ、ハノイの代表的な遺跡であり、ベトナムの歴史で、伝統のある場所である。撮影:コン・ダット


一柱寺はホーチミン博物館の近くにあり、ハノイの歴史遺跡である。撮影:コン・ダット


ホアンタインタンロン遺跡は巨大な建築物であり、ベトナムで最も重要な遺跡の一つである。撮影:コン・ダット


ハノイオペラハウスで演じられる伝統芸術のパフォーマンス。撮影:コン・ダット


ハノイオペラハウスで演じられる伝統的な演舞。撮影:コン・ダット


ハノイのホアンキエム地区で行われたカーニバルに参加したダーナン市のSun World Ba Na Hills 芸術団。撮影:コン・ダット


日本、シンガポール、マレーシアなどの国で使われた2階建てバスは、国内外の観光客たちをハノイの名所巡りに使用される。撮影:コン・ダット

行政地域の拡大が行われた後に、ハノイは多くの面白い目的地ができた。現在、ハノイは6000の遺跡、約1800の無形遺産がある。
2008年後に、ハノイはハノイ中心地域、バーヴィー郡のソンタイ地域、クアンソン郡のフオンソン地域、ホードンクアン地区のソック山地域、コーロア地区-ヴァンチー地域、ハードン地域などの6つの観光地区がある。観光サービスには、文化観光サービス、エコ観光サービス、週末のホリデーサービス、農業観光サービス、MICE観光サービスなどがある。
観光客たちは芸術観光サービス、バーヴィー地域におけるエコ観光サービス、ハードン地域のヴァンフックシルク村、ザーラム郡のバッチャン陶器村など、伝統職業村観光ツアーなどが選択できる。
ハタイ地域、ハノイは1350の伝統職業村があり、全国の職業村の59%を占める。各職業村にはそれぞれの分野の特徴がある。伝統職業村観光分野は、観光サービスにおいて発展してきた。



ハノイの中心から西方へ40㎞離れたタイフオン寺は、タックタット郡タックサー町にあり、ハノイの国家の特別遺跡である。撮影:コン・ダット

ハノイ、タインオアイ郡のチュオン村は、300年に渡り、ノン(ベトナム帽子
)を作る職業を保存する。撮影:コン・ダット


ハノイの中心から東南へ30km離れたザーラム郡にはキムタム陶器職業村があり、考古学の専門家、歴史資料によると、キムラム村は9世紀に形成され、現在まで発展してきた。撮影:コン・ダット


キムラム陶器村を訪問する観光客たち。撮影:コン・ダット


t
ヴァンフックシルク村は、昔のハドン村の一部であり、ハノイ、ハドンのニュエ川の岸にある。撮影:コン・ダット

 
文:タオ・ヴィー、写真:コン・ダット、ベトナムフォトジャーナル
他の記事