03/09/2018 12:01 GMT+7 Email Print Like 0

ソンラ文化・観光ウィーク始る

その一環として、様々な活動がお活発に行われています。 9月1日夜、ソンラ省モクチャウ県で、「ソンラ文化・観光ウィーク2018」の開幕式が行われました。これは、ソンラ省の潜在力を国内外の企業にPRし、投資・観光振興を強化するためのチャンスと見られています。 ソンラ省人民委員会のカム・ゴック・ミン委員長は次のように明らかにしています。 「ソンラ文化・観光ウィークは投資誘致と観光サービスを紹介するためのものです。これは大規模なもので、ソンラ省独特の文化で、観客に深い印象を与えると信じています。また、省内の人々の生産、学習、経営の奨励も図ります。」 開会式で、大規模な文芸公演が行われました。各演目は、「レジェンドのソンラ」や、「モクチャウ高原」、「ソンラの新しい日々」という3つのテーマ別で披露されました。特に、省内の各少数民族の民間アーティストらも参加し、シンバルや、ドラ、横笛などを演奏しました。1人の民間アーティストの話です。 「行政府の関心を受け、ソンラ文化・観光ウィーク2018に参加して、嬉しいですね。私たちはムオン族の特別な音楽と踊りを披露しましたよ。」 開会式で、文化スポーツ観光省はソンラ省に対し、モクチャウ県に住むモン族の横笛「ケン」、及び、ラハ族の「ファンア(Phang A)」行事を国家無形文化遺産に認定する証明書を手渡しました。 ソース:VOV