27/06/2018 12:45 GMT+7 Email Print Like 0

スタートアップフォーラム始まる

26日、ホーチミン市で、外務省とホーチミン市人民委員会の共催により、「ベトナム国内外の創業者の連結」というスタートアップフォーラムが27日までの日程で開幕しました。 これには、各省庁、地方、国内外の大学、企業の代表、及び、アメリカ、カナダ、イスラエルから専門家、創業者合わせて300人が参加しています。 席上、ブ・ホン・ナム外務次官は、「第4次産業革命が迅速発展している中で、ベトナムはスタートアップ国家になる見通しである」と強調しました。こうした中、このフォーラムは国内外の創業者が交流し、経験を交換する場となるとしています。 一方、ホーチミン市党委員会のグエン・ティエン・ニャン委員長は、「国内の経済界と科学界との連携がまだ弱い」と指摘した上で、「このフォーラムはこの問題解決に貢献する」との希望を表明しました。ニャン委員長は次のように語りました。 「低所得者でも起業できますか。ベトナムを含めアジア諸国の現実からみれば、その応えは『Yes』です。しかし、スタートアップ環境づくりのための特別な支援策をとる必要があります。現在は、政府と各地方の支援プログラムがありますが、科学者と企業経営者こそ、その成功を決定づける要素です。」 なお、「ベトナム国内外の創業者の連結」というスタートアップフォーラムは、昨年12月8日から11日までアメリカのサンフランシスコで行われた「アメリカ在留ベトナム人と母国にいるベトナム人創業者の連結」フォーラムの成功を踏まえて行われるものです。 ソース:VOV