26/12/2018 11:23 GMT+7 Email Print Like 0

ズン副首相、国土交通大臣と会見

ズン副首相は「日本政府は日本の企業が自動車産業、エネルギー、観光などの分野でベトナムへの投資を奨励するよう」と述べました。

25日、政府本部で、チン・ディン・ズン副首相は、ベトナムを訪問中の日本の国土交通大臣・水循環政策担当の石井啓一氏と会見しました。

会見で、ズン副首相は「日本政府は日本の企業が自動車産業、エネルギー、観光などの分野でベトナムへの投資を奨励するよう」と述べると共に、「日本が都市鉄道、高速鉄道、高速道路などのインフラ整備プロジェクトの研究・展開のため、ベトナムを支援するよう」と訴えました。

特に、ズン副首相は、「日本は、航空・航海分野に関する管理・運営・幹部育成と水力発電所運営に関して、ベトナムと経験を交換するよう」希望を表明しました。

一方、石井 大臣は、「日本はベトナムの重要な交通インフラ整備プロジェクトに参加したい意向がある」と明らかにした上で、「自然災害防止対策を展開するため、ベトナムと緊密に協力する用意がある」と述べました。
ソース:VOV