21/01/2021 10:45 GMT+7 Email Print Like 0

シントン島の軍隊と住民、第13回党大会に心を向ける

(VOVWORLD) - この間、中部カインホア省、チュオンサ群島のシントン島に駐屯している兵士と住民は、第13回党大会の準備作業を見守って、次期の党中央委員会は経済社会発展に突破口を開き、強固な国家の建築に尽力していくとの希望を表明しています。
党大会に関する情報がマスメディアで連続にわたり報じられています。海軍第4管区に属する146号旅団 の副旅団長であるレ・ディン・ハイ大佐はシントン島を視察した際、「幹部、兵士全員は第13回党大会に心を向けており、党中央委員会、政治局、書記局、党と国家の指導部に選出される人材が道徳と才能を兼ね備え、民族大団結の力を発揮させ、国の建設発展のために、突破口を切り拓くことを確信している」と強調しました。