06/04/2021 10:46 GMT+7 Email Print Like 0

シンガポールの専門家 ベトナムの新指導部を評価

ベトナムは新指導部の指導の下、東南アジア地域でより重要な役割を果たすであろうとの見解を出しました。
5日、シンガポールの名門大学「ナンヤン工科大学」に所属するラジャラトナム国際学院のホームページは同学院の専門家Yang Razali Kassim氏の記事を掲載し、その中で、ベトナムは新指導部の指導の下、東南アジア地域でより重要な役割を果たすであろうとの見解を出しました。

記事によりますと、グエン・フ・チョン党書記長が引き続き、党の健全化と汚職予防対策を進めていきます。一方、グエン・スアン・フック新国家主席は首相就任中に積んだ経験を活用して各国との協力関係の拡大に力を入れてゆきます。他方、リーダシップのあるファム・ミン・チン氏は首相として国を運営し、疫病抑制と経済回復という二重の目標を実現させることができるとしています。
 
ソース:VOV