18/07/2016 14:32 GMT+7 Email Print Like 0

サマーキャンプ2016の参加者、クアンチ古城を訪れる

17日、国外在留ベトナム人青年向けのサマーキャンプ2016の参加者らは中部クアンチ省にあるクアンチ古城を訪れ、花輪を捧げ、線香を手向けました。クアンチ古城は国の独立のため身をささげた多くの人民軍兵士の共同墓地があります。
クアンチは17度線に接する地域ですから、米軍にとっては北部侵攻の足がかりにもなり、17度線を境にした最北端の盾でもあったわけです。1954年から1971年まで、このクァンチ古城では激しい戦いが行われました。特に、1972年の半ばに、ベトナム人民軍からクアンチ古城を奪還するためアメリカと南ベトナム政権は爆撃と大砲による射撃を行いました。
この機に、国外在留ベトナム人青年代表団は国道9号線の戦没者共同墓地に線香を手向けました。
ソース:VOV