09/12/2020 09:57 GMT+7 Email Print Like 0

コロナ禍でノーベル賞授賞式が中止 各地で表彰

(VOVWORLD) -「中央社」の報道によりますと、新型コロナの影響で海外への渡航が制限され、2020年ノーベル賞は伝統の授賞式を中止し、今週中に各地で受賞者を表彰し、小規模のオンライン式典で受賞者の挨拶を公開することを決めました。

記事によりますと、2020年ノーベル賞の6部門の受賞者は10月から発表され、記者が少ないほかは従来と変わらない方法での発表となりました。しかし新型コロナの影響で、2020年の受賞者はスウェーデンまたはノルウェーに賞状と勲章を取りに行くことができません。

平年であれば、ノーベル賞の授賞式は毎年12月10日に行われていました。この日は創設者のノーベル氏が1896年に逝去した日です。同日、スウェーデンの首都ストックホルムで盛大な式典が開かれ、第二次大戦後は中止されたことがありませんでした。

伝統に基づくと、ストックホルムでの授賞式の後に豪華なパーティーが開かれます。2020年は10日にストックホルム市役所で無観客のライブ式典を行い、コンサートや各地での受賞映像の上映を行います。