21/07/2021 08:41 GMT+7 Email Print Like 0

コロナ失業、男性より女性に大きな打撃=ILO

(VOVWORLD) - ILO=国際労働機関は19日、新型コロナウイルスのパンデミックに起因する世界的な失業は、男性よりも女性に大きな打撃を与えており、男性の雇用のみが今年、2019年の水準まで回復する可能性が高いと発表しました。
発表によりますと、感染抑制に向けた経済的・社会的制約の中で女性が解雇されたり労働時間を短縮されたりするリスクが高まっており、特に宿泊施設や飲食サービス、製造業などの分野で顕著ということです。

報告書では「21年に予想される女性の雇用の伸びが男性の伸びを上回るとしても、女性の雇用がパンデミック前の水準に回復するには不十分」としました。

パンデミックを受け世界全体では、19年から20年にかけて女性の雇用の4.2%に当たる5400万人分が減少しました。一方、男性の雇用は3%に当たる6000万人分が減少しました。

21年の女性の就業者数は19年に比べて1300万人少ないと見込まれているのに対し、男性の就業者数は19年とほぼ同水準になると予想されています。また「21年は世界の労働年齢の女性のうち就業している割合が43.2%となる見通しだが、男性の同割合は68.6%となる見込み」としました。

パンデミックの影響で女性の雇用が減少した地域はアメリカ州が9.4%減少と最も大きく、域内の女性にとって見通しは依然として暗いとしました。(朝日新聞)