22/06/2018 16:46 GMT+7 Email Print Like 0

コニー・フィールド監督と「The whistle blower of My lai 」ドキュメンタリー映画

社会問題についてのドキュメンタリー映画を実現し、エミー賞、アカデミー賞を収穫したコニー・フィールド監督はこのごろ、The whistle blower of My lai 」ドキュメンタリー映画を紹介するために、ベトナムに到着した。同ドキュメンタリー映画はクアン・ガイ(Quang Ngai)省、ソン・ティン(Son Tinh)郡、ソン・ミー(Son My)町に行われたソンミ村虐殺事件の後に、反戦運動に関するドキュメンタリー映画である。
社会問題についてのドキュメンタリー映画を実現する人
私たちはコニー・フィールド監督が「The whistle blower of My lai 」ドキュメンタリー映画を紹介するために、ベトナムに到着するとき、コニー・フィールド監督と出会った。コニー・フィールド監督によると、1967年から1973年まで、彼女はベトナム反戦運動、いくつかの女権組織に参加した。
コニー・フィールド監督とNewsreel組織は社会運動についてのドキュメンタリー映画を実現した。彼女にとっては、ドキュメンタリー映画を生産することは彼女に所得を与えながら、人々に、社会問題を宣伝することを援助する。1973年に、彼女は
コニー・フィールド監督の最初のドキュメンタリー映画は「The Life and Times of Rosie the Riveter」ドキュメンタリー映画である。同ドキュメンタリー映画は1980年9月に、紹介され、数多くの国際賞を収穫し、アカデミー賞のノミネートに属した。そのほかに、同ドキュメンタリー映画はアメリカ、イギリス、オーストラリアなどの各国家におけるいくつかの祭り、学校に、紹介され、20カ国の言語に、翻訳された。
最初のドキュメンタリー映画の成功の後に、彼女の人権、全世界健康、人種差別の反対に関するドキュメンタリー映画は数多くの賞を収穫し、日本、ブラジル、南アフリカ、イギリス、オーストラリアなどの各国に、紹介された。ドキュメンタリー映画における成功で、コニー・フィールド監督はJohn Grierson賞を授与され、アメリカ映画芸術科学アカデミーのメンバーになった。現在、彼女はClarity Films会社を樹立し、独立的な映画監督になった。


コニー・フィールド女史-「The whistle blower of My lai 」ドキュメンタリー映画の監督

アメリカの「Have You Heart From Johannesburg 」映画のために、2012年のエミー賞を授与されるコニー・フィールド監督。撮影:資料
1995年のアカデミー賞の授与式におけるコニー・フィールド監督。撮影:資料

「The whistle blower of My lai 」ドキュメンタリー映画

「The whistle blower of My lai 」ドキュメンタリー映画を実現するアイディアについて話すとき、彼女はジョナサン・バーガー (Jonathan Berger)作曲家と出会った。彼はHugh Thompson準尉により話されたソンミ村虐殺事件に関する劇、音楽に基づくドキュメンタリー映画を実現する望みを提出した。
「The whistle blower of My lai 」ドキュメンタリー映画
を2015年に、撮影されることは始められた。コニー・フィールド監督はジョナサン・バーガー (Jonathan Berger)作曲家の生活を研究し、ソンミ村虐殺事件に関する資料を研究した。彼女はこの映画を1年間に、撮影し、6ヶ月間に、この映画を編集した。
「The whistle blower of My lai 」ドキュメンタリー映画によると、Kronosクワルテット、ジョナサン・バーガー (Jonathan Berger)作曲家、ヴァネッサ・ヴォー・ヴァン・アンベトナム 彈箏芸術家はソンミ村虐殺事件についてのオペラ劇を実現する。同映画は芸術性がある。音楽は欧州音楽とベトナム伝統的な音楽間のコネクションである。同映画における音楽はベトナム人の悲痛、Hugh Thompson準尉がソンミ村虐殺事件におけるアメリカ軍人の罪悪を告訴することを表現することに貢献を果たす。



ソンミ村虐殺事件50周年記念日に際して、「The whistle blower of My lai 」ドキュメンタリー映画は紹介され、コニー・フィールド監督は見る人々と合流する。撮影:クアン・ロン


「The whistle blower of My lai 」ドキュメンタリー映画を実現する過程について話すコニー・フィールド監督。撮影:クアン・ロン


「The whistle blower of My lai 」ドキュメンタリー映画の紹介会に出席する観光客たちとコニー・フィールド監督。撮影:クアン・ロン


クアン・ガイ省。ソン・ミー(Son My)博物館を訪問するコニー・フィールド監督。
撮影:Talk Vietnam VTV4プログラムの材料



クアン・ガイ省。ソン・ミー(Son My)博物館において、地方人民と出会うコニー・フィールド監督。
撮影:Talk Vietnam VTV4プログラムの材料


1968年3月16日に、行われたソンミ村虐殺事件の後に残る被害者と出会うコニー・フィールド監督。
撮影:Talk Vietnam VTV4プログラムの材料

コニー・フィールド監督によると、彼女はソン・ミー(Son My)博物館において、チャン・ヴァン・ドゥック(Tran Van Duc)氏-ソンミ村虐殺事件の被害者と出会った。彼は彼女とソンミ村虐殺事件に銃殺された彼のお母さんに関する写真について話した。彼女はアメリカのテレビに、「The whistle blower of My lai 」ドキュメンタリー映画を紹介氏、将来、ベトナム人民、アメリカ人民が互いに理解するために、反戦運動についてのドキュメンタリー映画を実現する予定である。
文:ガン・ハー(Ngan Ha)、グエン・ホップ(Nguyen Hop)
写真:クアン・ロン(Khanh Long)、材料、

他の記事