14/04/2020 12:11 GMT+7 Email Print Like 0

クーロン川デルタにおける干ばつ・水不足・塩害の対応

2020年の乾期クーロンデルタの干ばつ・水不足・塩害の状況が深刻になる事に対し、地方の各地域は、積極的に対策計画を作り出し、人民たちの生活を保護するために、緊急予防方法も実施した。
2016年、これまでの記録を超えた干ばつ・塩害であった

専門家の話によると、今年、干ばつ・塩害の状況は歴史上、これまでにない、酷さである。ベトナム国の最大の穀倉地帯は大きな挑戦に直面した。
クーロンデルタにおける干ばつ・塩害の大きな影響を受けるベンチェ省、ティエンザン省、キエンザン省、カマウ省、ロンアン省など、11の省は支給災害状況を公表した。

ベンチェ省の総面積は5,200haで、2万haの果樹園、72,000haのヤシ林などは干ばつの影響を受ける。ロンアン省の稲を栽培する13,500haの面積は塩害に災害を受け、ティエンザン省においても果樹園が影響を受ける。


ベンチェ省バチ県ミーニョン地域の干ばつの畑
撮影:トン・ハイ



ベンチェ省で、面積が2万haである畑で栽培する稲は塩害の為、枯れている。
撮影:トン・ハイ



ベンチェ省バチ県トンアン集落のスイカ畑は干ばつにより全滅した。
撮影:トン・ハイ



ベンチェ省バチ県トゥイアン集落の栽培するスイカも枯れた。
撮影:トン・ハイ



ベンチェ省バチ県ミーニョン集落の塩害により枯れた稲。
撮影:トン・ハイ



農業課の報告によると、クウロンデルタの塩害状況が深刻になる。
撮影:トン・ハイ

 
干ばつ・塩害は生産分野だけでなく、人民たちの生活に深刻な影響を与える。具体的に、クーロンデルタの水不足が深刻になる。今、96,000人の生活用水がない。この状況は、この数年間で連続して発生している。次回は今回より激しくなり、人民たちの生活に大きな影響を与える。

農業課の報告によると、クーロンデルタの塩害の状況は深刻になり、乾期の間続き、3月末までの、ヴァムコ川、カマウ省で2020年4月まで深刻な状態が予想される。

長い時間で主導的に対応

ベトナムの政府の120/ND―CP議決を実施する時、多くの対応の方法が行われた。2020年、農業・農村発展省は5兆1570億ドンの資金で干ばつ・塩害に対応する20件のプロジェクトを実施した。

今年の干ばつ・塩害の状況は、2016年より被害の増大が予想される。 2019年の中期から、グエン・スアン・フック首相は干ばつ・塩害の防止法を実施することを要求した。予測通りに干ばつ・塩害の状況は記録的なレベルになったが、損害は減少できた。いつもより早く栽培したことにより、クウロンデルタの稲作面積の90%は影響を受けなかった。
ベンチェ省チャウ・タイン県にあるコン・アン・ヒエップで事情を視察するベトナムのグエン・スアン・フック首相
撮影:トン・ニャットーベトナム通信社


ベンチェ省バチ県ビン・タイ集落における経路で塩の量を検査する
撮影:トン・ハイ


淡水をもらう人民たち
撮影:トン・ハイ


ベンチェ省、バチ県で、1
m³の淡水は12万ドンである。
撮影:トン・ハイ

 
100億ドンを有する塩水を防止する工事
撮影:トン・ハイ

 
最も心配なのはクウロンデルタ地域の生活用水が不足することである。グエン・スアン・フック首相は、5省に各省に、700億ドンを支援することを決めた。
クーロンデルタの経済専門家であるチャン・フウ・ヒエップ博士は「クーロンデルタでの稲の栽培時期を変更し、干ばつ・塩害にふさわしい苗を使い、稲作より経済効果の有る木を栽培し、家禽などの飼育方法を実施しています。」と述べた。


長期計画について、ベトナム資源・環境省は国家の水の使用計画、水源、資源を効果的、合理的に使うように各省との連結網などを作り出す予定である。

 
文:フォン・トゥー
撮影:トン・ハイ−ベトナム通信社