19/10/2017 12:18 GMT+7 Email Print Like 0

クアン国家主席、APEC2017の安全保障強化を指示

18日、ハノイで、チャン・ダイ・クアン国家主席は、公安省や、国防省などの代表と会合を行い、APEC2017サミットのセキュリティ問題について話し合いました。

クアン主席は、「11月6日から11日まで行われ、加盟21カ国の首脳らが参加するAPECサミットは最重要な活動で、その安全保障は最高のレベルにしなければならない」と再確認しました。

また、「これまで、セキュリティを含め準備作業が周到に行われ、各国の代表から好評を得ている」とした上で、公安省や、国防省、関連各機関、地方に対し、準備作業を点検、状況を想定し、安全保障計画を完備させるよう指示しました。

さらに、ダナン市や、ホイアン旧市街、ホーチミン市、ハノイを訪れる各国の代表団の安全確保にも力を入れるよう要請しました。

クアン主席は公安省に対し、各国の治安機関や、警察部隊、国際刑事警察機構、ASEAN刑事警察機関などと連携して、情報交換や、テロリストに関する情報を収集・分析するよう求めました。
ソース:VOV