16/12/2017 11:26 GMT+7 Email Print Like 0

クアン主席、司法改革中央指導委員会会議を主宰

15日午後、ハノイで、司法改革中央指導委員会委員長を務めるチャン・ダイ・クアン国家主席は、同委員会の第4回会議を主宰しました。 会議で発言に立ったクアン主席は2017年の指導委員会の活動を総括した上で、「指導委員会は、『司法改革戦略遂行の強化』という主張を厳格に実現しており、関連各機関や、組織に同戦略の遂行を指導してきた」と強調しました。 また、2018年の議事日程について、クアン主席は指導委員会が引き続き3ヶ月ごとに会議を開催する必要があると指示しました。 ソース:VOV