03/03/2020 09:57 GMT+7 Email Print Like 0

クアンニン省とカントー市は韓国からの人々を迎える

すべての乗客の体調は安定していますが、規定どおり14日間に隔離施設に送られました。

1日午後、格安航空会社最大手ベトジェットエアは韓国からの外国人とベトナム人合わせて229人を乗せた航空便が北部クアンニン省バンドン国際空港に着陸しました。すべての乗客の体調は安定していますが、規定どおり14日間に隔離施設に送られました。

これより前に、韓国からの外国人とベトナム人を乗せた航空便を迎えるため、政府の指導の下、クアンニン省人民委員会は準備作業を討議する会議を開きました。クアンニン省人民委員会のダン・フイ・ハウ( Dang Huy Hau) 副委員長は次のように語りました。

「交通運輸部門は公安部門や関連各機関と連携して、クアンニン省の交通安全を確保する措置を展開しています。一方、医療部門は韓国からの人々を迎えるための条件を十分に整えるため力を入れていました」

また、同日午後、南部カントー空港は新型コロナウイルスの感染拡大されている韓国南部のテグと慶尚北道の人々85人を含め、韓国からの人々618人を乗せた3便の航空便を受け入れました。これらの人々はカントー市の指定隔離施設に送られました。
ソース:VOV