09/01/2018 10:21 GMT+7 Email Print Like 0

クアンニン省、バチェ県観光を振興

クアンニン省は観光を省内の先端経済部門に発展させる方針です。

既にお伝えしましたように、東北部クアンニン省バチェ(BaChe)県で、「黄色いツバキ祭り」が7日までの日程で開催されましたが、6日、同県で、クアンニン省人民委員会は2025年までのバチェ観光振興に関するシンポジウムを行いました。

これに参加したクアンニン省内外の各旅行会社や、観光開発協会などの代表はバチェ観光の持続可能な開発に関する様々な構想を提案しましたが、その中で、注目すべきのは水の神様を祀る信仰に基づきツアーを企画するというアイディアです。

観光開発協会のグエン・トゥ・ハイン会長は次のように語りました。

「地元の長老や、文化研究者が物語った伝説、神話に基づいて、我々は、水の神様に関する神話を復元しました。その神話にしたがって、『水の神の神話ツアー』の企画を提案しています。これは、バチェ観光の目玉になると信じています。」

シンポジウムで、バチェ観光開発に関する複数の契約が締結されました。
ソース:VOV