21/03/2018 15:17 GMT+7 Email Print Like 0

クアンニン省、クアオン神社祭りを開始

18日夜、北部クアンニン(QuangNinh)省カムファー(CamPha)市は、クアオン(CuaOng)神社を国家の歴史遺跡地区として認定する証明書の受領式典を開催し、2018年のクアンオン神社祭りを開始させました。

クアオン神社は、陳朝時代13世紀に外敵との戦いで多大な功労があった将軍チャン・クオック・タン(TrangQuocTang)と多くの将兵を祀られています。

受領式典で発言に立ったチュオン・ホア・ビン副首相は「クアオン神社は陳朝時代の大きな伝統的文化を保管する場所の一つであるので、保存されるべきである。」と強調し、次のように語っています。


「クアンニン省に対し、観光を主要な経済部門に発展させるよう要請します。また、現地にある史跡や景勝地の管理、改修、補修を推進すると同時に、同省の独特な文化財の保存と開発に携わる人材の育成、業務能力の向上を集中する必要があります。」

なお、今年のクアオン神社祭りでは、お線香を手向ける儀式や、神輿を担ぐ儀式が行われる他、様々な民間遊戯が披露されることになっています。
ソース:VOV