17/05/2021 10:43 GMT+7 Email Print Like 0

クアンナム省の国境地帯とチュオンサ諸島 国会選挙の繰上投票

国家選挙評議会の決議によりますと、16日、中部クアンナム省ナムザン県の6つの地区で第15期国会選挙と2021年から2026年期の各レベルの人民評議会選挙の繰上投票が行われました。
クアンナム省の国境地帯とチュオンサ諸島 国会選挙の繰上投票 - ảnh 1投票所に行っているクアンナム省の有権者
クアンナム省選挙委員会のレ・ヴァン・ズン副委員長は、これらの地区での繰上選挙が計画通りに行われ、選挙に関する法律が順守され、中でも、新型コロナ予防対策が確保されていると明らかにしました。また、これらの地区に住む有権者の数は4800人以上ですが、16日正午現在、これらの地区の有権者は全員、投票に行き、投票率は100%に達しています。

ナムザン県ラゼ地区に住む71歳のブルップ・ズさんは、「自分の投票を通じて、地元の住民の声を代表する道徳と才能を兼ね備えた人を選出したい」と述べました。
同日、ベトナム東部海域(南シナ海)にあるチュオンサ諸島にチュオンサ県の3つの選挙区で、繰上投票が行われました。この諸島に駐屯している幹部と兵士、および、島民のほか、諸島の周辺で漁をしている漁民もチュオンサ諸島の投票所に行きました。16日正午現在、チュオンサ諸島の多くの投票所は有権者全員が投票を終えました。
ソース:VOV