16/01/2018 09:38 GMT+7 Email Print Like 0

カントー市:日本技術導入「ためとっと」試験的利用

15日午前、南部カントー市の指導部は、日本、及び国連人間居住計画(ハビタット)の代表と会合を行い、地下貯水タンク「ためとっと」の試験的利用、及び上水貯水池へのアクアリフト投入について討議しました。

「ためとっと」というのは雨水を地下にためるタンクの名称です。会合で、国連人間居住計画ベトナム事務所の代表は「これは、カントー市を始めとするベトナムの排出量削減技術の導入におけるコストの節約に繋がる重要なプロジェクトである。」と明らかにし、次のように語りました。

(テープ)

「地下貯水タンク『ためとっと』は日本の福岡市や中小企業が開発した簡単な仕組みです。これは、気候変動対応に寄与すると期待されています。」
ソース:VOV