16/01/2020 10:33 GMT+7 Email Print Like 0

ガン国会議長、「少数民族の人々の心を温める国境地帯の春」に出席

14日夜、中部高原地帯テイグェン地方にあるダクラック省ブオンドン県クロンナ村で、「少数民族の人々の心を温める国境地帯の春」をテーマとした芸術交流会が行われました。

交流会に参加したグエン・テイ・キム・ガン国会議長は「この芸術交流会は国境地帯に住んでいる住民に喜びを与えることから、有意義なイベントである」と明らかにし、次のように語りました。

「この交流会は人民軍の美意識を生かすと共に地元に住む若い世代や兵士の伝統教育に寄与します。このイベントが今後も引き続き行われることを望んでいます」

このように語ったガン議長は「ダクラック省の行政当局が少数民族の居住地や山間部の経済社会発展に関する政府の政策をきちんと実施して、国境地帯の経済社会発展、国防安全保障を強化し、地元の住民の生活水準の向上に力をいれるよう」希望を表明しました。

この機に、ガン議長は革命功労者、貧困世帯などに10軒のチャリティハウス、子牛20頭、及び、400人分の旧正月テトの贈り物を手渡しました。
ソース:VOV