19/04/2020 12:36 GMT+7 Email Print Like 0

オンライン診療アプリを開始

(VOVWORLD) - 18日午前、ハノイで、情報通信省と保健省の共催により、オンライン診療アプリと新型コロナウイルス感染症から共同体を守るためのブルーゾーンというアプリの導入を開始する式典が行われ、グエン・スアン・フック首相が列席しました。

このアプリは軍隊通信産業グループベトテル(Viettel)により開発されたもので、保健省の規定に応えオンラインで医療コンサルタントや診断、治療、手術コンサルタント、診療、治療技術の移転などが行なわれました。式典で、フック首相は次のように語りました。

(テープ)

「オンライン診療サービスは効果的な解決策で新型コロナへの対応を目指し、社会的距離の確保に関する指示に応えています。また、行政手続きの改革や診療コストの軽減が図られます。国民にオンライン公共サービスや診療サービスの利用方法を手解きする必要があります。」