10/01/2022 11:16 GMT+7 Email Print Like 0

エコノミスト、22年におけるベトナム経済の展望を楽観視

エコノミストらによりますと、ベトナムは新型コロナウイルスのワクチン接種範囲が最も広い国々の中の1つになり、疫病を効果的に対応していますが、これらは経済回復・発展事業の重要な前提としています。
2022年、新型コロナウイルス感染症による影響を受け続けるにもかかわらず、ベトナム経済の展望が明るい。これは、エコノミストや、企業共同体、国際組織の予測です。

エコノミストらによりますと、ベトナムは新型コロナウイルスのワクチン接種範囲が最も広い国々の中の1つになり、疫病に効果的に対応していますが、これらは経済回復・発展事業の重要な前提としています。
ADB=アジア開発銀行は「アジア経済見通し2021年版(Asian Development Outlook 2021: ADO 2021)」の中で、「2022年におけるベトナム経済の成長率は6.5%に達する見通しである」と予測し、「輸出活動は経済成長に原動力をつける」と分析しています。ADBによりますと、ベトナムが締結してきた各自由貿易協定は輸出市場の開発・拡大や、国内での生産発展などに多大に貢献しているとしています。
一方、HSBC銀行は、「2022年のベトナム経済の成長率は6.8%に上る可能性がある」と予測しています。HSBCによりますと、FDI=外国直接投資や、グリーン成長はベトナム経済の重要な柱となっています。また、国内市場の発展も重要な要素としています。    
ソース:VOV