30/01/2020 11:33 GMT+7 Email Print Like 0

ヴォン書記局常務 タンロン古城で線香を手向ける

旧正月テトの4日に当たる28日、ベトナム共産党書記局のチャン・クオク・ヴォン常務が、ハノイ市内のタンロン古城で線香を手向けました。

これは、先祖の功労を思い出し、若い世代に民族のよき伝統を受け継いでもらうことを奨励するとともに、世界遺産であるタンロン古城の保存・開発を促進させることが狙いです。

ヴォン常務は、線香を手向けた後、タンロン古城に記念樹を植えました。これは、ホーチミン主席が1959年に提唱した「テト明け植樹運動」に応える活動です。
ソース:VOV