15/05/2021 08:25 GMT+7 Email Print Like 0

インドなどからの外国人 14日以降入国禁止 在留資格に関わらず

(VOVWORLD) -日本は12日、変異株の流行などで新型コロナウイルスの感染拡大が深刻なインド、パキスタン、ネパールから入国する外国人について、14日以降は在留資格を持っていても原則入国を禁止すると発表しました。

一般の外国人は既に入国が禁止されていますが、配偶者が日本人などの理由で在留資格を持つ外国人は入国可能でした。14日午前0時以降は、入国前14日以内に3カ国に滞在歴がある外国人は資格の有無にかかわらず特段の事情がない限り入国を認めません。3カ国に滞在中の日本人はこれまで通り帰国できます。

政府は3カ国からの入国者に対し、指定宿泊施設での待機期間を6日間に倍増させるなど水際対策を10日に強化したばかりでした。